キャッシングとカードローンの違い

現在はキャッシングとカードローン、ほとんど同じ機能が付けられています。しかし、元々はキャッシングは少ない金額を融資してもらい一括で返済するもので、カードローンは大口の資金を融資してもらい分割で返済するものでした。また、キャッシングはクレジットカード機能に付けられており、カードローンはローンだけのものです。今ではクレジットカード機能が付いたカードローンも存在しており、両方が混同してしまって分かりにくくなっています。
キャッシングとカードローンの違いを考えると、主に金利の違いがあるでしょう。キャッシングは短期間の返済を前提に考えられた融資のため比較的金利は高めです。クレジットカードに付いている為気軽に利用でき、ついつい利用してしまいますが、実はカードローンより金利が高めだったりします。気が付いていない方も多く、手軽さだけで選ばないようにしましょう。返済期間が長めで、融資金額が大きくなるなら別にカードローンを利用したほうが金利は少なくなります。そのため、ニーズに合わせて利用できるよう、キャッシング用とカードローン両方を持っておくと良いでしょう。利用金額、返済金、金利をよく比較して選ぶ事です。

注目コンテンツ

banner 収入があれば申し込める

詳細はコチラ

banner 主婦が利用できるカードローン

詳細はコチラ

banner キャッシングとカードローンの違い

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 審査が甘いカードローン. All Rights Reserved.